読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotorigoto

コトリのひとりごと 乳ガンを乗り越えた今、私の体と心に良かったことを検証中

抗えず

今日CT検査。

「え?治ったんじゃないの?」

はい治ってます。今の私は体調も良いし、癌は自然退縮しているはず。

「じゃあ何で?」

医者は、癌の所見なしってこの間言ったにも関わらず、

「リンパが腫れているから転移かも知れませんよ」と言う。

検査したくない。今回も様子をみたい。」と言うと

「私がここまで言っても詳しく検査しないんですね」とキレる…いえ、念を押す。


3ヶ月前、エコー検査でリンパが腫れているのが分かった。そのまま様子をみた。今回も腫れは変わっていない。

「やっぱり!体調いいもんね!」と心の中でガッツポーズ。


でも医者の見解は違うんだな。

「腫れたままなだから転移を疑います。前も転移がありましたからね。」


癌は自分で治せることを知らない人が、こんな風に言われたら癌がなくても病人まっしぐら。医者が患者を怯えさせて癌患者と癌細胞を増やしている。


病院を頼るしかない、お医者さんにお任せするしかないと思っている患者さんは気の毒。

治し方は病院だけではないこと、自分に合った自分にできそうな方法を選ぶこともできること、助言してくれる仲間がたくさんいるんですよ。


「リンパが腫れていても健康な私」を確認に行ってきます。