読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotorigoto

コトリのひとりごと 乳ガンを乗り越えた今、私の体と心に良かったことを検証中

ステージ 3b

毎年受けていた乳ガン定期検診で異常なしと言われた2ヶ月後、右脇にしこりがあることに気づいた。

乳ガンなんて考えもしないから近所の病院へ。エコー検査したDr は「リンパの腫れの原因が分からないから2ヶ月後にまた来て下さい」だった。


そろそろ病院行かなくちゃ…と思った頃、おっぱいに触ってびっくり。おっぱいにも立派なしこりができていた。

「ここにしこりがある」とDr に伝えると、ピリッとした態度に変わる。

癌の疑いがあるので、しこり内の細胞を取って検査すると言う。

結果を聞くまでもなく、Dr  の態度から癌だとわかった。

これからどうなるんだろう。家族にはどう伝えよう。

一瞬で全身が癌に支配された。


結局、定期検診で異常なしと言われたにもかかわらず、自分でしこりを見つけて病院に行ったにもかかわらず、おっぱいから始まり脇と足のリンパにまで転移していた。


私は病院選びを失敗した。脇のしこりを見つけた時かかった病院が、癌を疑ってくれていたらここまでの転移はなかったと思う。

手術を決めた病院へ検査データと紹介状を持って行っても何もならなかった。また同じ検査を繰り返すのだ。

どちらの病院でも検査の空きを待って、検査して結果を待つ。待って、待って、そして毎度結果を聞くたびに Dr から「癌」と言われ縮みあがる。


今振り返ってみると、癌という病気はすぐに命を取っていくものではないようだ。

どこの病院でどのお医者さんにかかりたいか、どんな治療法を選ぶか、セカンドオピニオンも気のすむように探せる時間があったように思う。


心が弱っている時にネット検索すれば、更に不安をあおる記事。

「早く治さないと手遅れになる」「早期発見、早期治療」なんて本当だろうか。

医者が患者を恐怖に陥れ「癌患者」を増やし、患者自身が治っていく力を削いでいるのではないだろうか。


癌と診断されて目の前が真っ暗と思い込んでいる人いませんか?

落ち着いて周りを見てみると、癌と付き合いながら明るく暮らしている人はたくさんいますよ。

癌だからこそ生きる目的がはっきりして、前よりうんと生きやすくなるのです。